動脈硬化 予防

ビタミンEの健康効果をしっかりと得るためには、うなぎ12枚が必要!

ビタミンEは、植物油やナッツ類に多く含まれるビタミンの一種で、高い抗酸化作用を持つ栄養素です。

 

 

体内では、身体に悪影響を及ぼす活性化酸素を除去し、身体を酸化から守る働きをしています。

 

 

ビタミンEは、酸素と結びつきやすい性質を持っているため、酸素の一種である活性酸素と自らが結びつくことで、他の細胞が活性酸素によって傷つけられることを防いでいるのです。

 

 

このビタミンEの性質は、体内の悪玉コレステロールを減らすことにも役立ちます。

 

 

悪玉コレステロールは、体内の脂質が酸素によって酸化して過酸化脂質となったものです。

 

 

血管の内側の壁にこびりつくことで動脈硬化を引き起こし、心筋梗塞や脳卒中などの重大な病気を引き起こす可能性のあるものです。

 

 

ビタミンEは、脂質が酸化することを防いだり、酸化してしまった脂質を分解する働きがあるので、悪玉コレステロールを減らし、血管を健康に保つのに役立つのです。

 

 

また、ビタミンEには、毛細血管を拡張させるという作用もあります。

 

 

血液中の過酸化脂質を減らすことで血液がサラサラな状態になることと合わさり、体の末端の血流量をアップさせてくれるのです。

 

 

それにより、冷え性や肩こりなどの症状を改善させる効果が期待できます。

 

>>トコフェロンEナチュール【最安値】公式サイトはこちら<<